包丁の選び方教えちゃいます。ちょっとしたコツがあります。

魚料理と包丁を学ぶ

魚料理を作る際におすすめの包丁とは

包丁の選び方教えちゃいます。ちょっとしたコツがあります。
食事をとるという事は、人間が生きていくうえで必要不可欠の事であり、ダイエットなどの断食でもしない限り、一日一食はどのような人でも食事をしているのではないでしょうか。そのような大事な食事ですが、現在では、日本国内においても、世界各国の料理を楽しむ事が出来ます。中国料理をはじめとして、イタリア料理や、フランス料理など色々な料理を、各お店で堪能できる事は、とてもうれしく素晴らしい事と言えるでしょう。しかし、いくら外国の料理が出回ったとしても、いぜん日本料理の素晴らしさは健在しています。日本を代表する料理の一つに魚料理があります。生の魚を食べる事ができるというのは、日本料理の大きな特徴であり世界から多くの人気を集めている良い原因だとも言えるでしょう。そんな魚を綺麗に美しくさばくには、あるポイントがあるのです。それが、包丁です。世の中には万能包丁というものもありますが、魚をさばく事を目的として作られた包丁もあります。それが出刃包丁です。これは、刃の部分がほかのそれよりも前に出ているので、その名がついていると言われています。刃の厚みもあり、マグロやブリなどの大きなさかなの骨を断ち切る際には、とても切りやすく重宝する包丁となっています。また、えらや内臓をとる時などにおいては、ある程度の厚みがあった方が、刃がしっかりとして、とてもさばきやすくなっているために、さかな料理を作る際にはおすすめの包丁となっています。しかし、いくらさかな料理に適しているとは言っても、使い続ければ自然の切れ味も落ちてきますので、しっかりと研ぐ事も重要です。毎日であれば一ヶ月から二ヶ月の間に一回は研いでおきましょう。そうする事によって、長い期間をかけて使用する事が出来ます。切れ味が落ちていないと思って、研がないと、刃の表面が目に見えない範囲でさびたりする事もあり、食べ物に悪影響を与えかねませんので、しっかりと研ぐ事も忘れないようにしましょう。”